paghetti Gazetti

paghetti Gazetti

spaghettigazetti.com

結婚式・披露宴の招待状に関する基礎知識

結婚式や披露宴を行うことが決まったら、招待したい親戚や友人、職場でお世話になっている方などに出席していただくために、招待状を出します。忙しい中都合をつけて来てくださる方への配慮として、最低でも結婚式や披露宴の2ケ月前には招待状を発送する必要があります。文面で注意すべき点は、重ね言葉などのいわゆる忌み言葉を使わないことや、区切りを表す句読点を使わずに、代わりにスペースを使うことなどです。差し出し人は新郎新婦連名や新郎新婦と両親との連名、または新郎新婦の両親のみなどのパターンがあります。ところで両親への贈り物は考えていますか?

両親を入れた方が、特に年配の方に向けては正式な印象を与える可能性があります。差し出し人が両親であれば、息子や娘のために結婚式や披露宴に来てほしいという文面になりますし、新郎新婦が差し出し人なら、自分たちが主語となった文面となります。差し出し人と文面との矛盾がないように注意する必要があります。

招待状には本状のほか、返信用ハガキや会場の地図、スピーチや余興など特別なお願いをするための付箋などを同封します。切手は慶事用の特別のものを使用します。特別にお世話になっている方に向けて出すものですから、相手の名前や住所などを間違えることは大変な失礼に当たります。誤字に注意するだけではなく、旧字体なども間違わずに正確に記載するよう注意しなければなりません。結婚するということは一人前の大人としてマナーを守った振る舞いができることを表す機会でもあります。マナーを守ってきちんとした招待状を出すことが大切です。


先頭へ
Copyright (C) 2014 paghetti Gazetti All Rights Reserved.